• 第91回(一社)日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会
  • ごあいさつ

  • ごあいさつ




  •  この度、第91回(一社)日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会を2021年4月3日(土)、4日(日)の2日間、松江テルサにおいて開催させていただきます。
     第91回学術集会は、3密を回避すべく、460人の収容が可能なテルサ大ホールで行うこととし、また、ハイブリット開催も行うことといたしました。学術集会のオンデマンド配信については、会員の先生の所属される施設内規により県外へ移動できない場合を想定し、4月3日(土)〜10日(日)の期間でご視聴いただけます。
     本学術集会では、一般演題として31演題ご発表いただきます。また、学術集会初日4月3日の最終セッションでは、香川大学医学部脳神経外科教授 田宮 隆先生より「脳神経外科の魅力」というタイトルで、退任記念の特別講演をいただきます。
     各セッションの進行は、新型コロナ感染症に関連する不測の事態に備え、2名の座長の先生にご担当をいただきます。座長およびコメンテーター就任のお願いに際しては、多くの先生よりご快諾いただきました。ご協力に心より感謝を申し上げます。
     社会に混乱を与えている新型コロナ感染症ですが、3密、マスクを着用しない長時間の会話など、感染しない秘訣が十分に認識されるようになり、また、本邦においてもいよいよワクチン接種が開始されました。もちろん感染症収束についての楽観はできませんが、会場での活発なディスカッションにより、多くを学ぶことのできる学術集会となることを願っています。多くの先生方に会場でご参加をいただけることを期待し、本学術集会へのご参加が、皆様のご活躍につながることを祈念いたしております。

     本学術集会の開催にあたりましては、多くの企業からご協力とご協賛をいただきました。この場をお借りして深く御礼を申し上げます。

    島根大学医学部 脳神経外科学講座
    教授 秋山 恭彦